【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第560話で李牧の戦術眼が光を放つ!

   

sim

亜光(あこう)の弱点に気付いた李牧(りぼく)。

その弱点を馬南慈(ばなんじ)が貫き、尭雲(ぎょううん)も亜光(あこう)の防陣に入り込んできました。

このままでは、亜光(あこう)の首が飛ばされる !?

 

スポンサーリンク

 

虞寧が真っ二つ!

 

尭雲(ぎょううん)が王翦(おうせん)の戦術を用いた亜光(あこう)の防陣に入り込んできました。

そして、尭雲(ぎょううん)の矛が亜光(あこう)に迫りつつある中、虞寧(ぐねい)が尭雲(ぎょううん)に体当たりしていきます。

そうして・・・。

真っ二つに・・・。

あらら・・・、亜光(あこう)の副官として登場した虞寧(ぐねい)でしたが、大方の予想通りに真っ二つとは・・・。

趙(ちょう)の三軍くたい足止めするのは、たやすいくらいの話をしていましたが、そのバックには、李牧(りぼく)がいるという事を忘れていたようです。

出て来て早々、尭雲(ぎょううん)に真っ二つにされてしまいました。

また、虞寧(ぐねい)は、今まで王賁(おうほん)を支えてきた番陽(ばんよう)に対しては、王賁(おうほん)が王家の宝であり、これからも支え続けるように言葉をかけていました。

番陽(ばんよう)は、虞寧(ぐねい)の励ましの言葉を真摯に受け止めていましたが、遺言になってしまいました。

虞寧(ぐねい)は、王賁(おうほん)の親代わりをする人物の中で、かなり地位の高い人物だったような感じでしたが、今回虞寧(ぐねい)が逝ってしまったことで、番陽(ばんよう)と王賁(おうほん)に何か心の変化が起きるのでしょうか。

そうならないと、番陽(ばんよう)と虞寧(ぐねい)が話していた場面が、何だったのかよくわからなくなってしまいます。

『秦軍(しんぐん)にとって大いに裏目に出る』というナレーションが出ているこの作戦。

かなり苦戦する流れで、戦いが進んでいく事になるはずです。

 

スポンサーリンク

 

亜光

 

亜光(あこう)を逃がすために、尭雲(ぎょううん)に真っ二つにされたような形となった虞寧(ぐねい)。

虞寧(ぐねい)は副官ですから、亜光(あこう)は近くにいると思われます。

旧三大天の藺相如(りんしょうじょ)の『武』そのものと評された尭雲(ぎょううん)ですから、本能型の直感で亜光(あこう)の首を飛ばすことも考えられます。

王翦(おうせん)の第一武将をはる亜光(あこう)が、どう戦うのか・・・ !?

しかし、『秦軍(しんぐん)にとって大いに裏目に出る』というナレーションでしたので、亜光(あこう)も尭雲(ぎょううん)に討ち取られるのかもしれません。

今後の展開を考えると、主人公の信(しん)、そして、王賁(おうほん)や蒙恬(もうてん)が秦国(しんこく)の軍を背負って立つ存在になっていかないとです。

ただ、ここら辺で王翦(おうせん)の存在感が示されないと秦軍(しんぐん)が敗北してしまうような状況になってきていますが、

このまま出てこないのでしょうか、それともここから知略の光を放つ展開となっていくのでしょうか !?

 

スポンサーリンク

 

食い止めるのはやっぱりあの2人

 

虞寧(ぐねい)は、圧倒的な堯雲(ぎょううん)の『武』を前に自分の戦術が通用しないと悟ります。

そして、亜光(あこう)を逃がすために自ら特攻を仕掛け、堯雲(ぎょううん)に真っ二つにされてしまいました・・・。

はたした、虞寧(ぐねい)が逝ってしまったことで、亜光(あこう)の軍はどうなってしまうのでしょうか。

馬南慈(ばなんじ)の間接攻撃に対して、亜光(あこう)が陣形を変えて対抗しようとした隙に、すばやく入ってきた尭雲(ぎょううん)。

尭雲(ぎょううん)が入ってい来たことで、大ダメージを受けるのではと思われる亜光(あこう
)の軍。

ただ、王翦(おうせん)の戦術であるこの防陣が、そう簡単に崩されるとは思えません。

さらなる戦術を秘めているとも思えますが、それに気づいた李牧(りぼく)には秘策がありそうな予感がします。

 

李牧の狙い

 

李牧(りぼく)が馬南慈(ばなんじ)に伝えた亜光(あこう)の弱点。

おそらくは、亜光(あこう)の防陣の弱点だけではないのではないでしょうか。

確かに亜光(あこう)の防陣の関節を狙い、そこに穴を空け、尭雲(ぎょううん)の攻撃力も加わったことで、かなりの打撃を与えることができそうです。

ただ、秦軍(しんぐん)でもトップクラスの知略家といえる王翦(おうせん)の防陣が、これだけで崩壊するとは思えません。

王翦(おうせん)の築城技術と言えば、かつての三大天の廉頗(れんぱ)ですら攻略法を思いつかずに放置してしまい、山陽平定戦で蒙驁(もうごう)将軍に敗れる決め手となったと言ってもいいのではないでしょうか。

守備からの攻撃の巧みさが、王翦(おうせん)の得意技のように思えます。

問題は李牧(りぼく)の狙いが防陣の関節を一つとしてまだまだあるのではないかという点です。

趙峩龍(ちょうがりゅう)が、今だに何もしていないというのが、それを暗示させます。

おそらく狙っているのは亜光(あこう)の弱点でしょう。

それは玉鳳隊(ぎょくほうたい)の王賁(おうほん)。

王賁(おうほん)が危機的状況におちいれば、亜光(あこう)は必ず助けるために動き出すはずです。

今の戦局で、兵力を援軍として割いたら、間違いなく終わります。

李牧(りぼく)が見抜いた亜光(あこう)の弱点とは、王賁(おうほん)を危機的状況におとしいれ、亜光(あこう)を防陣に集中させないというものなのかもしれません。

 

王賁の成長っぷり

 

王賁(おうほん)には大将軍の見る景色が見えはじめました。

亜光(あこう)が危機状況となれば、援軍に向かうという展開もあるかもしれません。

しかし、それでも岳嬰(がくえい)の首を狙い続けるのかもしれません。

趙峩龍(ちょうがりゅう)が、突撃した玉鳳隊(ぎょくほうたい)の背を攻めてくることも考えられます。

そんな状況にも的確に対処して、岳嬰(がくえい)を瞬殺してから、亜光(あこう)の援軍に向かうという速攻に出るかもしれません。

あるいは、王賁(おうほん)は、父である王翦(おうせん)のことを誰よりもよくわかっているはずです。

その王翦(おうせん)の軍の第一武将をはっている亜光(あこう)の実力を信じて、自分たちの作戦を遂行しようとするのかもしれません。

李牧(りぼく)の想定を超えていくのは、おそらく、この王賁(おうほん)の成長した実力なのではないでしょうか。

これまでの戦いでの李牧(りぼく)の失敗を言ってしまえば、まず、蒙恬(もうてん)の実力を読み違えていました。

その前にも信(しん)の実力、そして今度は王賁(おうほん)。

李牧(りぼく)の中で、この三人への警戒レベルが大きく変化するというのが、この鄴攻め(ぎょうぜめ)での戦いによってということになっていくのではないでしょうか。

 

他にも誰かが逝く?

 

秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場。

虞寧(ぐねい)の他にも誰かが逝くことになりそうな感じですが、史実的に見てみると信(しん)や王賁(おうほん)、そして羌瘣(きょうかい)が逝くことはありません。

なぜなら、史実では、鄴攻め(ぎょうぜめ)の後の戦いでも大活躍しているからです。

しかし、その他の登場人物ついては誰が逝ってもおかしくはありません。

それは、飛信隊(ひしんたい)の古参であっても、番陽(ばんよう)などの玉鳳隊(ぎょくほうたい)の古参でも同じです。

亜光(あこう)や岳嬰(がくえい)が逝ったとしても史実的には特に問題はありません。

おそらく他にも誰かが逝く気がするのですが、「大いに裏目」というナレーションが出た以上
秦軍(しんぐん)が大きなダメージを被ることは間違いないでしょう。

虞寧(ぐねい)が逝き、岳嬰(がくえい)は生き残るという展開では、大打撃とは言えないうような気がします。

しかし、そんな打撃でも、次回からの作戦にはかなりの無理が生じてきます。

あるいは、岳嬰(がくえい)の首は取ったものの、亜光(あこう)の軍が復活できないほどの大打撃を被ったとなったら秦軍(しんぐん)にとってはかなりの痛手となります。

残る三将に打ち勝つのは難しくなってきます。

亜光(あこう)は逝かないとは思いますが、李牧(りぼく)の戦術眼がどう光るかが注目の展開となりそうです。

 


 

 - 未分類