【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第563話で壁が覚醒する !?

   

17

朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)がメインとなっていた漫画キングダムですが、

楊端和(ようたんわ)と壁(へき)が戦う遼陽(りょうよう)でも、ようやく動きが見られました。

 

スポンサーリンク

 

敵本陣をとらえた壁軍

 

犬戎族(けんじゅうぞく)の兄弟の次男ブネンと相対した壁(へき)でしたが、なんとか突破までこぎつけた模様です。

壁(へき)将軍は、元々8千の兵でしたが、今回、桓騎(かんき)の軍から二千を増員してもらい1万の軍として楊端和(ようたんわ)の援軍となりました。

3日目に舜水樹(しゅんすいじゅ)に兵糧を焼かれ、兵糧の半分を失うという大失態を犯しています。

それから、5日がたった8日目には、兵糧が残り3日分となり、9日目では、犬戎族(けんじゅうぞく)の三兄弟ゴバ(長兄)、ブネン(次兄)、トアク(末弟)の三将を討つ作戦の主攻に願い出ます。

楊端和(ようたんわ)に主功を許可された壁(へき)の軍の動きとしては、先ず、ブネンの軍に対して盾兵を構え前線に置き、犬戎族(けんじゅうぞく)をひきつけては弓を放ち、さらに突破して来た犬戎族(けんじゅうぞく)には槍で攻撃。

そうして盾兵を修復させるという基本戦術の修復と防壁を繰り返しているだけです。

さらに、壁(へき)の軍の左側では、騎馬族のメラ族もまた進軍していきます。

壁(へき)軍の援護またはブネンの首を直接討とうと画策していますが、楊端和(ようたんわ)に名誉挽回を誓った壁(へき)としては、メラ族よりも先にブネンの首を取りたいところ。

となると騎馬族であるメラ族がブネンに崩されるという展開となるのでしょうか?

やはり、ここで壁(へき)が名誉挽回を見せないとなので、どうしてもメラ族が心配になってきてしまいます。

キタリは、壁(へき)が逝ったところでブネンを討つとか話していましたが、もしかしたら、それが自分の身に起きてしまうかもしれません。

そして、ブネンの主攻がまだ登場してきていない所も気になりますが、壁(へき)の軍とメラ族が連携してブネンを討ち取るというのも悪くはないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

壁が覚醒 !?

 

信(しん)に真っ二つにされた岳嬰(がくえい)が、空中を舞い、舞台は遼陽の戦い(りょうようのたたかい)に変わりました。

信(しん)達、秦軍右翼(しんぐんうよく)が将の首を狙っているのと同じく、遼陽(りょうよう)でも、敵将を討ち取ろうとしていますが、信(しん)の快進撃を受け、今度は壁(へき)が見せてくれるのでしょうか。

兵糧を失い、周囲の信頼をも失った壁(へき)。

それでもなお、メラ族は壁(へき)に友好的な態度を示しています。

しかし、残された兵糧が無くなれば、そんなことは言っていられません。

壁(へき)のここでの逆転劇は、なんとしてもやり遂げなくてはならい場面です。

何より、漫画キングダムの作中では今まで信(しん)の先を行き、信(しん)が百人将となった際には 千人将。

その後も、 山陽平定戦では臨時で5千人将に、さらに、合従軍との戦いで3千人将、成蟜の乱(せいきょうのらん)では、遂に将軍にまで上り詰めました。

壁(へき)の最終目標は、漫画キングダム第53話に描かれていますが、大将軍になる事です。

信(しん)は武功をあげ昇格するかもしれません。

そして、壁(へき)にも、まだまだ成長していってもらわないとです。

ここで覚醒することになるのでしょうか。

でも、どちらかというと凡将たるが故に名将と言われた蒙驁(もうごう)に近い感じがします。

であれば、最後まで基本戦術で戦い抜き、無茶はせずに勝利を手にする事になりそうですが、信(しん)に続き、敵将の首を飛ばすことはできるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ブネンを討ち取る

 

壁(へき)が大将軍となるのであれば、この鄴攻め(ぎょうぜめ)で昇格するともかんがえられます。

ただ、今のところ失態続きで、いいとこ無しの壁(へき)。

まずはブネンを討ち取り、汚名返上しなければなりません。

それができなければ、失った信頼はもう戻らないかもしれません。

そういったことを考える、やはり壁(へき)がブネンの首を飛ばすことになるのではないでしょうか。

信(しん)が岳嬰(がくえい)を討ち取った時のように、王騎(おうき)を重ねるようなド派手な描写はないかもしれませんが・・・。

 

メラ族

 

壁(へき)の援軍として配置されたメラ族。

キタリは壁(へき)のことを嫌いだと言っていましたが、

犬戎族(けんじゅうぞく)三兄弟の武将・ブネンが強そうな感じですので、誰かが逝くのでは?

という展開予想もあります。

確かに、カタリかキタリが逝くといった展開から、壁(へき)がブネンの首を飛ばすという展開も考えられます。

ただ、壁(へき)将軍の活躍を見届ける人物もいなくては、なので、カタリが逝ってしまうとしても、キタリも逝ってしまうような事はないような気がします。

壁(へき)の武勇を見た、キタリが壁(へき)を見直すといった展開となれば、ストーリー的にもしっくりとくるのではないでしょうか。

この決戦で、 キタリと壁(へき)ファンともに、壁(へき)を見直すような展開となるのではないでしょうか。

 


 

 - 未分類