【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第565話で楊端和の山界一の武力が明かに !?

      2018/07/10

キャプチャ

カタリが犬戎族(けんじゅうぞく)の卑怯な手口で、動きを封じられ、まさかとも思える一撃で貫かれて逝ってしまうという展開となりました。

壁(へき)が将軍として指揮を執っているこの軍も、ブネンの首を取ることができない状況におちいってしまいました。

キタリの覚醒もありそうな感じでしたが、いったいどんな展開でこの初日で勝利を勝ち取るのでしょうか?

幸運と勝負強さでは定評のある壁(へき)が覚醒をみせてくれるのでしょうか !?

 

スポンサーリンク

 

撤退

 

カタリの逝った姿を目の当たりにしたキタリが、ひとり暴走をはじめます。

まるで羌瘣(きょうかい)のような動きを見せて犬戎族(けんじゅうぞく)をきりたおしていきます。

かなり強い!

カタリの右に出るものが楊端和(ようたんわ)とバジオウくらいなものということなので、その妹であるキタリも一緒に育ってきたのですから強いわけです。

よもや、キタリの刃がブネンまで届くのではと思わせるような展開。

しかし、犬戎族(けんじゅうぞく)の矢で射貫かれてしまい気を失ってしまいました。

壁(へき)がキタリを救出して撤退の命令を出します。

カタリが逝ってしまったことでメラ族の士気が下がってしまい戦意を喪失してるような状況では戦えません。

楊端和(ようたんわ)の期待に応えられなかった壁(へき)。

 

スポンサーリンク

 

トアクは弱かった

 

末弟トアクと戦っているフィゴ王。

かなり大きな被害を受けながらも、フィゴ王ダントはトアクの本陣をとらえていました。

そして、ダントとトアクの一騎打ちとなります。

メラ族のカタリはブネンの卑怯な戦い方で討たれてしまいましたが、フィゴ王ダントはどうなのでしょうか。

トアクとの一騎打ち。

なんと瞬殺でした。

まさにその言葉が似合う。

トアクはダントの矛で突き抜かれ、一瞬で逝ってしまいました。

ダントのひとこと「弱い」。

とりあえず、これで三人中一人の首を取ることができました。

次回の展開はバジオウの戦場に移っていくと思われます。

三兄弟中一番上となるゴバ。

なんか一番強そうな気もしますが・・・。

バジオウが負けるとは思えません。

 

スポンサーリンク

 

楊端和の作戦

 

カタリが逝ってしまい、壁(へき)の軍は退却を余儀なくされてしまいました。

一方、フィゴ王のダントはトアクを瞬殺。

ただ、軍としてはかなりの犠牲を払ったとのことで、他の戦場へ援軍に向かうほどの余裕があととは思えません。

バジオウがゴバの首を取ったとしても、まだ足りないこの作戦。

いったいどんな展開となっていくのでしょうか。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第565話(その2)『楊端和がゴバを真っ二つに!』

 

ゴバの首が飛ぶ!

 

長兄であるゴバと戦いを繰り広げているのは、楊端和(ようたんわ)の山の民軍団の中でも、主力をになう軍です。

楊端和(ようたんわ)直下の軍を率いる山の民軍団ナンバー2のバジオウ。

バジオウの実力は楊端和(ようたんわ)をしのぐほど。

犬戎族(けんじゅうぞく)がいくら数で勝ったとしても、楊端和(ようたんわ)直下の軍なら犬戎族(けんじゅうぞく)以上の強さを見せると思われます。

簡単に本陣まで突破してしまうということはないでしょうが、大きすぎるほどの被害もない形でゴバとの戦闘となれば、バジオウにはまだまだ勝機がありそうです。

ゴバとバジオウの一騎打ちとなった場合、ダントがトアクを討ったような瞬殺のシーンが見られるかもしれません。

あるいは、ゴバとバジオウが激しい戦いを繰り広げるのでしょうか。

ただ、ブネンを討ち損じたというのは、後々大きく響くことになるのでしょう。

壁(へき)の判断は退却でしたが、それが楊端和(ようたんわ)と山の民軍団を危機的状況に追い込むことにならないことを祈るばかりです。

トアクとゴバの首を飛ばせれば、まだまだ勝機はあると思われます。

楊端和(ようたんわ)は、この作戦で、我らの身を切るという言葉を使っていました。

それなら、最も弱そうだった壁(へき)の軍への支援を考えていたのかもしれません。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第565話(その2)『楊端和がゴバを真っ二つに!』

 

猿手族

 

冷酷無比な戦い方をするブネン。

この戦い方を楊端和(ようたんわ)が黙って見ているとは思えません。

もしかしたら、ロゾとの戦いの前に楊端和(ようたんわ)自身の手でブネンを瞬殺することも考えられます。

猿手族(えんしゅぞく)に頼んでいた作戦が壁(へき)の軍への支援という可能性も考えられますが、今日一日で何が何でも三将の首を取るということなら、達成のために何かしらの動きを見せるのではないでしょうか。

楊端和(ようたんわ)は本能型と思えるので、可了貂(かりょうてん)のように盤面を見ながら考えるのではなく、そうなるのではないかという女性ならではの直感で戦っているような気がします。

身を切るのが壁(へき)の軍となると感じていたのなら、エンポじィに頼んだのはブネンに対しての策なのかもしれません。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第565話(その2)『楊端和がゴバを真っ二つに!』

 

残り二日

 

三日間で犬戎族(けんじゅうぞく)を打ち破り兵糧の問題を解決する作戦。

舜水樹(しゅんすじゅ)にとっても、橑陽(りょうよう)の城を楊端和(ようたんわ)に落とされてしまうと長期戦となり、鄴(ぎょう)へ援軍を送ることができず終わってしまいます。

ロゾ三兄弟のうちのひとりが討たれたとなれば、舜水樹(しゅんすいじゅ)も何がしかの策を講じるはずです。

知略と本能戦い。 どちらに軍配があがるのでしょうか。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第565話(その2)『楊端和がゴバを真っ二つに!』

 

壁の軍退却

 

ブネンに刺され逝ってしまったカタリ。

嘆き悲しむキタリ。

暴走し、犬戎族(けんじゅうぞく)に射貫かれ、壁(へき)に救出されたキタリ。

そして、壁(へき)はメラ族を含めて退却を決断します。

ブネンを討ち損じたとなると、それだけ楊端和(ようたんわ)と山の民軍団が敗れる可能性が高くなってきます。

どれだけ命を失おうともこの一日で必ず三将の首を取らなければならないはずです。

しかし、カタリという武力があるからこそ戦えたメラ族。

無駄死にはしないほうが得策ということでしょうか。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第565話(その2)『楊端和がゴバを真っ二つに!』

 

救出されたキタリ

 

カタリの妹であるキタリ。

カタリが討たれたの目の当たりにして、暴走し、周囲の犬戎族(けんじゅうぞく)を切り倒していくその武力はメラ族の次期当主を思わせるものでした。

ただ、1人でどうにか出来るような数でもなく、途中で犬戎族(けんじゅうぞく)の矢で射貫かれてしまいます。

壁(へき)は危険をも顧みずキタリを助け出し、メラ族の言葉で退却を命令します。

キタリの命を二度救っている壁(へき)。

キタリの壁(へき)に対する評価もこれで変化があるのでしょうか。

ブネン軍の本陣から退却することでブネンの首は遠のきます。

しかし、カタリが逝ってしまいメラ族は戦意喪失。

このままでは、ブネンの首どころか全滅してしまう状況だけに壁(へき)の判断は、間違ってはいません。

バジオウとダントが共にゴバとトアクの首を飛ばしてくれれば、まだチャンスはあるでしょう。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第565話(その2)『楊端和がゴバを真っ二つに!』

 

二日目でブネンとロゾ

 

一日目でバジオウがゴバの首を飛ばしてくれれば、後はブネンとロゾということになります。

楊端和(ようたんわ)がロゾと一騎打ちになるとしても、ブネンをダントとバジオウと壁(へき)とキタリという体制で挑むのでしょうか。

楊端和(ようたんわ)直下の軍をバジオウが率いているとなると、楊端和(ようたんわ)は、そこに参戦し、ロゾを狙い、ダントの軍がメラ族に援軍として加わり、ブネンの首を狙うことも考えられます。

この作戦は初日で三兄弟の首を飛ばすはずでした。

ところが、計画通りには中々事は進まないのが世の常で、より困難な状況となってしまたようです。

舜水樹(しゅんすいじゅ)も、ロゾ三兄弟が首を飛ばされるという戦局も読んでいるかもしれません。

次なる策で、橑陽(りょうよう)の城の守りを固めるかもしれません。

そこで活躍するのが猿手族(えんしゅぞく)なのかもしれません。

猿の手をもつ種族ということであれば、高いところに登ったりするのは得意中の得意。

城に近づけてもいないというエンポじぃの発言からも、近づければ攻城戦には強そうな感じがします。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第565話(その2)『楊端和がゴバを真っ二つに!』

 

楊端和がロゾを真っ二つに!

 

楊端和(ようたんわ)はロゾを討てるのでしょうか。

山の民軍団という一癖も二癖もある種族をその武力で束ねている楊端和(ようたんわ)。

女性としての魅力だけではなく、山界一の武力を誇っているはずです。

カリスマ性というのもありますが、ダントやバジオウよりも強いのだとすれば、楊端和(ようたんわ)の武力はロゾよりも強いということになるでしょうか。

山界一の武力を誇っているからこその強敵の三兄弟の首を取る一日目の作戦だったのでしょうか。

そして、壁とキタリの行方ははどうなるのでしょうか !?

一方、兵力の半数を失いながら末弟トアクを瞬殺したフィゴ王、日は傾き、戦える時間はあまりありません。

そして、バジオウと楊端和(ようたんわ)直下の軍ですが、どうなっているのでしょうか?

エンポじぃの猿手族(えんしゅぞく)は、いつ活躍を見せてくれるのでしょうか?

なんか複雑な展開となってきましたが、おそらくフィゴ王の軍団はもう戦力としては使えないかもしれません。

後は、幼馴染とか、異母兄弟とか、実の兄妹とかは、漫画キングダムでは逝ってしまうことが多いので、カタリが逝ってしまうのも納得です。

やはり残されたキタリとメラ族がどうなっていくのかに注目かな !?

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第565話(その2)『楊端和がゴバを真っ二つに!』

 


 

 - 未分類